QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
galsone

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年02月20日

4大陸フィギュア 安藤、自己ベストで初優勝 浅田2位

 フィギュアスケートの4大陸選手権は最終日の20日、台北で女子フリーがあり、全日本選手権を制した安藤美姫(トヨタ自動車)がいずれも自己ベストを更新するフリー134.76点、合計201.34点を挙げ、ショートプログラム(SP)の首位を守って初優勝した。

 3月の世界選手権で2連覇を狙うSP2位の浅田真央(中京大)は今季最高得点のフリー132.89点をマークしたが、合計196.30点の2位で大会連覇はならなかった。3位は長洲未来(米国)。SP6位の鈴木明子(邦和スポーツランド)はフリー104.95点、合計162.59点で7位だった。

 男子は高橋大輔(関大大学院)が3年ぶり2回目の優勝を果たしており、高橋と浅田が制した08年大会以来3年ぶりの日本勢アベック優勝となった。

<毎日新聞より>

フィギュアスケート、すごいですね。
男子も女子も1位、2位でしょう。
レベル高くなりましたね。
嬉しいです。
それに容姿が良い!!
プロポーションもね。
ますます期待しちゃいます。

  


Posted by galsone at 23:00